ショッピング取扱商品会社概要お問合せ・プライバシーポリシー
黒松 -国の指定を受けた伝統的工芸品 きんま、存清、彫漆、後藤塗、象谷塗製作-

取扱商品

香川の伝統的工芸品

蒟醤
蒟醤(きんま)
蒟醤は、漆聖玉楮象谷が創案した讃岐地方のみに伝わる漆塗技法で素材に堅地を付け、漆を幾重にも塗り重ねケンと呼ばれる刀を用い蒟醤文様を線彫または点彫して朱や黄色、緑などの色漆で埋めて象嵌し仕上漆を施した香川漆芸を代表するものです。その色彩の調和と意匠は、繊細巧緻で、見る者を魅了し香川の人のみならず、広く全国にその技術を認められています。
存清
存清(ぞんせい)
存清は、中国から伝えられ漆聖、玉楮象谷翁が天保年間に中国の古い技法に新しい技法を加え日本的なものにしたのがはじまりです。その技法は、黒地などの漆面に色漆で模様を描き、その図案の輪郭をケンと呼ばれる彫刻刀で彫刻し、彫刻した線にそって沈金を施します。蒟醤、後藤塗とともに古くから香川に伝わる漆塗り手法です。
彫漆
彫漆(ちょうしつ)
彫漆は、国の伝統的工芸品の指定を受けた香川漆器を代表する漆塗り技法のひとつです。はじめにどのような図案を描いていくかを決めその図案に必要な色合いを赤く良く目立つ色から順に塗り重ねて色漆の層を塗り込めます。次に描く図案を考慮しながら色漆の層までケンと呼ばれる道具で彫刻し美しい文様を浮かび上がらせます。
象谷塗
象谷塗(ぞうこくぬり)
象谷塗は、大胆で雄大に削り出した木地の上に漆を数回塗り重ねその上に川や池に群生している真菰の稈の中に入っている粉末を漆の上に撒く塗の技法です。非常に丈夫で、傷に強く使い込むうちに象谷塗独特の艶やかな美しさが現れてきます。蒟醤、後藤塗とともに古くから香川に伝わる漆塗り手法です。漆聖、玉楮象谷の名をとって象谷塗と呼ばれています。
後藤塗
後藤塗(ごとうぬり)
後藤塗は、別名讃岐のあか塗ともいわれる朱と黒の色彩最高調和の漆塗仕法です。朱のうるしを塗った上に指でたたいたり刷毛を使ったりして紋様を付けその上から透漆を塗り朱のうるしでつけた紋様を研ぎ出し艶をつけたものです。

造形タンス

風や貝殻面の曲線を用いた造形タンスの扉に、香川漆器の伝統的工芸品の技法である「きんま」や「後藤塗」、彩色を施した讃岐彫、漆絵、プラチナや金銀箔を使用し加飾した、うるし塗のタンスです。
和洋を問わずどんなお部屋にも飾っていただける、部屋飾りのうるし塗タンスをお楽しみください。

造形タンス

讃岐彫ほか小物漆器

漆聖、玉楮象谷翁のころより讃岐に伝わる木彫を施した漆器で、草花や野菜・動物など活き活きとした表現で讃岐の人々に親しまれている「讃岐彫」。コマの回ったところを図案化して漆器に表現した可愛らしい味わいや、上品さが使用する人の気持ちを楽しくさせる「独楽塗」。黒い漆の上に朱の漆を塗り重ね、下の黒を研ぎ出した非常に堅牢で使いやすい「根来塗」などいろいろなぬりものを取り揃えています。

後藤塗
独楽塗り

理由ありお買い得品

商品の廃番のための限定処分品や少難有りのご使用に支障のないお買い得品をあつめました。

理由ありお買い得品
写真はイメージです